若はげ


若はげとは、20代のうちから抜け毛が始まり、頭部の髪の毛が薄くなることです。何らかの事情で、10代でも若はげになってしまうことも。髪の毛があるか無いかは、男性にとっも特に大きな意味を持ちます。ですから、若はげの原因や対策にはどのようなものがあるのか紹介していきます。もし少しでも若はげに悩む人の参考になれば幸いです。

若はげの原因

若はげの原因の大半は、壮年性脱毛症です。壮年性脱毛症はたいてい、40〜50代で症状がハッキリと現れますが、症状そのものは20代から始まっています。ただし、壮年性脱毛症は一般的に症状の進行スピードが遅いため、20代では目に見える形で薄毛になるケースが少ないだけです。ただし、何らかの原因により壮年性脱毛症の進行が早まり、若い段階で症状がハッキリと現れることもあります。このような状態を若はげと言うのです。壮年性脱毛症そのものは、なぜ起きるのかその原因は完全には特定されていません。しかし壮年性脱毛症の原因は、遺伝やストレス・生活習慣と大きな関係があると考えられていますので、若はげの原因にも同じことが言えます。ただし、なぜ人によって壮年性脱毛症の進行スピードに、これほどの差があるのかはわかっていません。また、円形脱毛症により若はげになることもあります。円形脱毛症は、子供の発症率が高い男性型脱毛症なのです。円形脱毛症は、アレルギーかストレスのどちらかで起こるので、このような場合の若はげの原因も、アレルギーやストレスと言うことができます。また、白血病のような疾患を起こすと、治療のために若くても髪の毛をそらなければなりません。つまりはげた状態にしなければなりませんが、そのような状態を若はげとは呼びません。

若はげを予防・防止する対策

若はげの原因が、壮年性脱毛症や円形脱毛症の可能性が高い以上、若はげを予防・防止するには、これらの男性型脱毛症に関する対策が必要となります。簡単に言えば、ストレスを溜めたずに、規則正しい生活を送るということです。また毎日のシャンプーを欠かさず実行して、常に髪の毛を清潔にすることです。ただしこのような対策をとっても、若はげが遺伝している場合には、手の打ちようがありません。ですからせめて、自分の家系に若はげの人間がいるかどうか調べると、精神衛生上良いでしょう。もし自分の身内に若はげの人がいる場合には、残念ながら自分も若はげになる可能性があります。そうとわかれば、生活リズムを整える他にも、医師にあらかじめ相談し、徹底的に体質チェックやヘアチェックをしてもらうなどの対策を取ることもできますよね。わけがわからないまま若はげの進行を見守るよりは、何らかの対策をとったほうが、ストレスも少なくなります。

若はげと女性

若はげは男性だけでなく、女性にもみられることがあります。女性の若はげの大部分は、あってもほとんど目立たない程度の大きさですが、若いうちにはげてしまうという意味では、若はげと言ってよいでしょう。女性の若はげの原因には、ストレスや生活習慣のみだれの他にも、ドライアーのかけすぎや出産に伴う脱毛があります。性格にもよりますが、女性はストレスを溜めると、中々外に発散しづらい環境が日本にはあります。女性があまりにストレスを溜めると、男性で言う円形脱毛症のように、髪の毛が急に抜けてしまう事があるのです。また、女性はお風呂上りに長時間ドライアーをかける習慣がありますよね。ドライアーが髪の毛に与えているダメージは、私たちが考えている以上に大きいのです。ですからなるべくなら、髪の毛は自然乾燥させるのが好ましいのですが、ドライアーを使うならなるべく、短時間で終わらせるように心がけましょう。また女性の場合、出産後に短期間ではありますが脱毛する場合があります。このような症状は、放っておいてもそのうち治りますが、脱毛が長期間続いたり、どうしても気になるようでしたら、産婦人科の先生に相談しましょう。

【若はげとオシャレ】

若はげは、たいていの男性にとっては喜ばしいことではありません。髪の毛がないよりはあるほうがマシだと、ほとんどの男性は考えるでしょう。しかしモノは考えようで、若はげをあえてオシャレに転用することもできます。髪の毛をバッサリ切って、スッキリとスキンヘッドにしてしまえば、若はげなのかオシャレなのか、周りの人間には区別がつきません。芸能人でも松山千春さんはまだまだ若い時期に、「どうせ髪の毛が少ないなら、全部なくても同じ」とスキンヘッドにしました。今ではスキンヘッドは、松山千春さんのトレードマークにもなっていますよね。このように、若はげになってもクヨクヨ悩まないような、男らしさを持って生きてゆきたいものです。