かつら


かつらは、ヘアケアに悩む人にとっての最終手段です。よくカツラは頭部に髪の毛が全然ない人がするものだと思われがちですが、実はある程度髪の毛が残っていないと、かつらを着けるのもたいへんなのです。なぜそのようなことになるのかは、現在のカツラの構造などと関係があります。

かつらの種類

かつらはその素材によって、2つに分けることができます。かつらの毛に、本物の人間の髪の毛を使っている人毛かつらと、毛が特別な繊維で出来ている人工毛かつらです。それぞれに自然さやメンテナンスにおいて、メリット・デメリットがありますので、自分の用途に応じて使い分けるとよいでしょう。

かつらの種類1 【全かつら】

全かつらとは、頭全体を覆うカツラのことです。頭部の抜け毛や薄毛が全体に広がっている場合には、全かつらが効果を発揮します。男性型脱毛症(AGA)が部分的にしか見られなくても、時間の経過と共に、症状が頭部全体に広がる可能性はじゅうぶんあります。ですから長期的な視野に立つと、全かつらがいちばん便利なカツラだと言うことが出来ます。

かつらの種類2 【部分かつら】

部分かつらは全かつらと違い、薄毛を部分的に隠すことができるカツラです。そのため全かつらよりも安い価格で購入することができます。女性の脱毛症状は一般的に部分的に起きるので、部分かつらを利用すると便利です。

かつらの種類3 【医療用かつら】

医療用かつらは、全かつらや部分かつらとは少し用途が違うカツラです。全かつらや部分かつらが脱毛症を隠すために使うカツラであるのに対し、医療用かつらは何らかの疾患により髪が一時的に抜けたり、治療のために髪をそった場合に使われるカツラです。医療用かつらは、頭部全体につける全かつらの形をとりますが、単に髪の毛が抜けたことに対するケアの他にも、頭部へのダメージが少なくなるような工夫が施されているかつらです。

かつらの種類4 【ウィッグ】

ウィッグは他のかつらと違い、女性がファッションやオシャレのために使うカツラです。そのため毛の色も黒だけでなく、赤や緑など様々なものが用意されています。基本的にウィッグは全かつらの部類に入りますが、部分的に色付けされたウィッグもあり、女性のさまざまなニーズに応えられるよう工夫されています。最近では、女性用ウィッグだけでなく男性用のウィッグもあり、時代の流れを感じさせます。

かつらの装着方法

かつらの装着方法はAGAの症状の違いや、かつらを使う目的などに応じていくつかの種類があります。どの方法にもメリット・デメリットがあるので、かつらを着ける人それぞれの、好みや性格を考えて選ぶことになります。

かつらの装着方法1 【ピン】

かつらを装着する方法として一番メジャーなのが、ピンを付ける方法です。ただしピンによってかつらを着ける場合には、自分の髪の毛が頭部にある程度残っていることが条件となります。そのため、実際にピンでカツラを取り付けても、髪の毛を傷つける可能性があるのがウィークポイントです。

かつらの装着方法2 【接着剤】

かつらを装着する方法には、接着剤を使う場合もあげられます。特別な糸と接着剤を利用して、かつらを固定するのです。かつらを接着剤で固定するのは、専門的な技術を必要とするので、メンテナンスに手間がかかるというデメリットがあります。

かつらの装着方法3 【両面テープ】

かつらを装着する方法には、両面テープを用いるものもあります。頭部にある程度髪の毛が残っている場合には、ピンのようなカツラの取り付け方がありますが、髪の毛がほとんど残っていない場合にはそれができません。このようにAGAが頭部全体に広がっている場合には、両面テープでカツラを止めるのです。

かつらの装着方法4 【からませ】

かつらを装着する方法には、かつらと自毛を絡ませる方法もあります。この場合、カツラと髪の毛が絡まって見えるため、とても自然な仕上がりになるメリットがあります。しかし、髪の毛が伸びるのに合わせてその都度メンテナンスが必要なので、手間がかかるのがデメリットです。

カツラの装着方法5 【結毛】

カツラを装着する方法には、カツラと自毛を本格的に結びつける方法があります。手法的にはかつらを絡ませるのと似ているために、同じようなメリット・デメリットがあります。ただしどちらかと言うと結毛の方が、スポーツのような激しい動きにも対応できるというメリットがあります。

効果的な発毛方法を!

かつらの装着方法はAGAの症状の違いや、かつらを使う目的などに応じていくつかの種類があります。どの方法にもメリット・デメリットがあるので、かつらを着ける人それぞれの、好みや性格を考えて選ぶことになります。

かつらの装着方法1 【ピン】

かつらを装着する方法として一番メジャーなのが、ピンを付ける方法です。ただしピンによってかつらを着ける場合には、自分の髪の毛が頭部にある程度残っていることが条件となります。そのため、実際にピンでカツラを取り付けても、髪の毛を傷つける可能性があるのがウィークポイントです。

かつらの装着方法2 【接着剤】

かつらを装着する方法には、接着剤を使う場合もあげられます。特別な糸と接着剤を利用して、かつらを固定するのです。かつらを接着剤で固定するのは、専門的な技術を必要とするので、メンテナンスに手間がかかるというデメリットがあります。

かつらの装着方法3 【両面テープ】

かつらを装着する方法には、両面テープを用いるものもあります。頭部にある程度髪の毛が残っている場合には、ピンのようなカツラの取り付け方がありますが、髪の毛がほとんど残っていない場合にはそれができません。このようにAGAが頭部全体に広がっている場合には、両面テープでカツラを止めるのです。

かつらの装着方法4 【からませ】

かつらを装着する方法には、かつらと自毛を絡ませる方法もあります。この場合、カツラと髪の毛が絡まって見えるため、とても自然な仕上がりになるメリットがあります。しかし、髪の毛が伸びるのに合わせてその都度メンテナンスが必要なので、手間がかかるのがデメリットです。

カツラの装着方法5 【結毛】

カツラを装着する方法には、カツラと自毛を本格的に結びつける方法があります。手法的にはかつらを絡ませるのと似ているために、同じようなメリット・デメリットがあります。ただしどちらかと言うと結毛の方が、スポーツのような激しい動きにも対応できるというメリットがあります。

かつらを有効活用しよう!

かつらを着けることには、人によってはひどく抵抗感があるかもしれません。一昔前のカツラだと不自然さが目立つこともありましたが、現在ではそのようなことはありません。ですから、どうしても抜け毛や薄毛が気になるのなら、迷わずかつらを購入することをオススメします。またカツラの種類や値段も豊富に用意されているので、それぞれの都合に合わせたかつらを選ぶことができますよ。

【かつらと芸能人】

街中を見渡すと、結構髪の毛の薄い人は多いものです。しかし、髪の毛がフサフサの人ばかりがいる世界もありますよね。芸能界はその典型で、頭部が薄い人の比率がどう考えても一般人より低いのです。そのため昔から、「〜はカツラだ」といった噂が世間をにぎわせます。お笑い芸人のコントのネタに、かつらと思われる有名人の名前が使われることもあります。カツラを着けている本人には、周囲の人間にはうかがい知れない悩みを抱えているケースもよくあるので、あなたの周りにそれっぽい人がいても、そっとしておいてあげましょう。