発毛


抜け毛や薄毛が進行し、髪の毛がなくなってしまったらもう元通りにはなりません。しかし現代医学の進歩と共に、効果的なヘアケアをすれば、髪の毛が多少生えてくる場合があり、数年に1度のペースで、発毛効果を発揮する発毛剤が完成した、というニュースが飛び込んできます。誰でも必ず効果のある発毛方法は開発されていません。

発毛の方法

一般的に効果的だといわれている発毛方法を試しても、誰にでも必ず効果が現れるわけではありません。人間には、人それぞれ体質があるためです。ですから、「この発毛方法が良い!」と皆さんに断言できるようなものは、残念ながらありません。しかし場合によっては、ある程度効果が現れる発毛方法もあります。現状では、以下のような発毛方法が一般的です。

発毛の方法1 【発毛薬】

代表的な発毛の方法として、発毛薬があげられます。発毛薬は、頭皮に振り掛けるタイプが一般的ですよね。いずれの発毛薬も自分の体質とぴったり合うと、ある程度は髪の毛が生えてきます。しかし残念ながら現状では、完全な効果を見せる発毛薬は開発されていません。

発毛の方法2 【発毛剤】

機能しなくなってしまった頭皮に振り掛けることで、もう一度髪の毛が生えてくるようにするのが発毛剤の役割です。発毛剤は別名、発毛促進剤とも言われます。しかし残念ながら現状では、発毛薬同様、完全な効果を見せる発毛剤はありません。そんな中でも有名な発毛剤には「リアップレディ」や「ロゲイン」があります。これらの発毛剤は、人気ランキングの上位に来る発毛剤ですが、これらの人気発毛剤ですら、使った人によって効果はまちまちなのです。そんな中でも、プロペシアという飲む発毛剤は、世界中で利用されている有名な発毛剤です。飲む発毛剤自体も世界初ですが、人によってはある程度発毛した、という報告も上がっているのです。どうせもうダメだと、発毛そのものを諦めてしまうよりは、発毛剤を1度は試してみる価値はありますよね。

発毛の方法3 【発毛シャンプー】

発毛シャンプーは、正確には髪の毛を生やすために使うシャンプーという意味になりますが、現在ではそのようなシャンプーはありません。そのため発毛シャンプーは、頭皮や髪の毛をケアするために作られる、育毛シャンプーと同じ意味で使われます。天然ハーブなどを採用した発毛シャンプーが現在の主流ですが、正しい使い方をすると育毛には効果があることがわかっています。しかし、発毛シャンプーを効果的に使用できていないケースも目立ちます。最も多い発毛シャンプーのわるい使用方法は、すすぎをじゅうぶんに行わないことです。発毛シャンプーを良くすすがないと、髪の毛にシャンプーが残り、逆に髪の毛のダメージが増えます。発毛シャンプーを使用する際には是非、洗髪よりもすすぎに時間をかけましょう。

発毛と女性

女性にとって抜け毛は、永遠の悩みのタネですよね。またある程度の年齢に達するとどうしても、長年のダメージのために薄毛になってしまうこともあります。女性が薄毛や抜け毛になるのには、どのような理由があるのでしょうか?

女性の抜け毛・薄毛の原因とは

女性が抜け毛や薄毛になるのには、男性の場合と同じく体質やストレス、生活習慣のみだれがあげられます。しかし女性の場合にはそれだけでなく、女性特有の原因もあります。女性のヘアケアのやりすぎがそれです。皆さんは、髪型を短期間で何度も変えたり、シャワー後に長時間ドライアーをかけたりしていませんか?このような行為は、髪の毛や頭皮が傷つくので、できるだけ控えましょう。

女性と発毛

女性が髪の毛を失うと、本人にとってはたいへんなショックですよね。ですから日ごろから規則正しい生活習慣を心がけたり、ストレスをなるべく溜めないような生活をしなくてはなりません。また、ドライアーの時間を控えるなど、髪の毛や頭皮に与えるダメージを最小限にするような努力も必要です。女性の発毛は男性と同様に、完全な効果を求めることができません。最後の手段としてカツラをつけるなどの方法もありますが、日ごろから育毛などのヘアケアに気をつけるのがベストなのです。

効果的な発毛方法を!

このように一度なくした髪の毛は、どんな発毛促進剤や発毛シャンプーを使っても、完全に元通りにはなりません。ですから普段からの育毛ケア・発毛ケアが大事なのです。最近では、個人輸入などで買える発毛促進剤などが話題になることがありますが、中にはいかがわしい商品もあるので、購入の際にはじゅうぶん気をつけましょう。

【発毛豆知識】

21世紀に入り医学が格段に進歩しているのに、なぜ発毛はこれほど大変なことなのでしょう。これは、一度失った組織は二度と回復しないという、医学理論・医学常識に基づいています。つまり、完全な発毛を期待するほうに若干の無理があるのです。しかしそうは言っても、髪の毛があるかないかは、ビジュアル的にも大きな問題ですよね。今以上に研究が発展し、いつの日か完全な発毛技術が開発されれば、これほど嬉しいこともありません。