白髪染め


一昔前まで白髪染めといえば、頭皮や髪の毛に必要以上にダメージを与えるものばかりでした。そのため白髪が生えてきても、実行するには、かなりの勇気が必要だったのは事実です。しかし最近では白髪改善のための手段や方法も進化し、体に安全な商品が開発されています。白髪が気になる人なら、1度は試してたいですよね。

白髪染めの種類

白髪染めにはカラーリングやヘナ白髪染めなど、幾つかの方法があります。これらの白髪染めは現在、クリームタイプやジェル状タイプなど、用途に合わせて数多くの製品が市販されています。クリームタイプなら生え際の白髪染めに効果を発揮したり、ジェル状タイプなら髪の毛全体を液垂れせずに白髪染めできるなど、それぞれにメリットが違います。

白髪染めの種類1 【カラーリング】

白髪染めの方法として最も一般的なのは、カラーリングによる白髪染めですが、カラーリングにも、幾つかの種類があります。まず1つ目は、ヘアカラーによる白髪染めです。ヘアカラーは、メラニンを分解し髪を脱色する方法です。それと同時に染料が髪の内側でもしっかり結合するので、白髪を本格的に染めたい人にはぴったりの白髪染め方法です。また、ヘアマニキュアによる白髪染めもあります。ヘアマニキュアはメラニンを分解させずに、髪の表面だけを染める白髪染め方法です。ヘアマニキュアはヘアカラーと比べると、手軽な白髪染め方法ですが、1ヶ月弱でその効果がなくなります。また短期的な間に合わせの白髪染めとして、一時染めもあります。一時染めはスプレーなどで白髪を染色するだけなので、シャワーですぐに落ちてしまいます。あくまでヘアカラーなどをするまでの、臨時の白髪染め方法です。

白髪染めの種類2 【ヘナ白髪染め】

白髪染めには、ヘナ白髪染めもあります。ヘナとはインドなどに生息している植物で、ヘナの実はすりつぶして染料として用いられます。このヘナを白髪染めの成分にしているのが、ヘナ白髪染めです。ヘナ白髪染めで白髪を染めると、オレンジに近い色に染め上がります。このオレンジ色と頭皮に残った黒髪の色が混じりあい、ブラウンに近い明るい染め上がりになるのです。つまり髪の毛がほとんど白髪になってしまった場合には、ヘナ白髪染めはあまり効果的な白髪染めとは言えません。しかしヘナ白髪染めは、天然の成分が主原料となるため染め上がりが自然で、なおかつ頭皮に与えるダメージも少ないというメリットがあります。いわば体にも地球環境にも安全な白髪染めなのです。

白髪染めの種類3 【白髪染めシャンプー】

白髪染めには、白髪染めシャンプーを使う方法もあります。たいていの白髪染めシャンプーは、パックと併用しなければ効果がありません。しかし白髪を自然な形で染め上げることができ、なおかつ髪と頭皮の衛生状態をも保つことができるというメリットがあります。最近の白髪染めシャンプーの傾向としては、天然ハーブを原料としたものや、先ほど紹介したヘナを使った白髪染めシャンプーが多いのが特徴です。

白髪染めを上手に利用しましょう!

一口に白髪染めといっても、白髪の生え方に個人差がある以上、自分に適した白髪改善方法は人によって分かれます。白髪が頭皮全体を覆っていたら、ジェルタイプのヘアカラーで一気に白髪染めをするのが一番ラクです。白髪が頭皮の一部にしか生えていなかったら、クリームタイプのヘナ白髪染めで細かい対応ができます。自分の白髪がどのような生え方をして、どう自分は対処したいのかを正確に把握するのが、白髪染めの第一歩です。また自分の髪質や頭皮の質が良くわからない場合には、皮膚科や美容院に行って相談をするのが最も賢明と言えます。

【天然成分】

先ほど紹介したように、白髪染め(シャンプー)の多くには、成分として天然系の原料が使われています。ヘナは紹介済みなので省略しますが、天然ハーブなら髪の保湿効果を高め、なおかつ柑橘系のいい香りがするというメリットがあります。天然ハーブが含まれた美容品を、愛用している女性も多いはずです。ヘナやハーブのような天然系の成分をウリにする商品は、白髪染めに限らず、あらゆる分野で見られる現代特有の傾向です。ロハスのような動きと合わせて、この傾向は今後さらに主流になっていくと思われますが、まがい物も多いので気を付けましょう。