ヘアケア製品


ヘアケアを支える上で欠かせないのが、シャンプーやリンスなどの各ヘアケア製品です。シャンプーで髪を清潔にするのはもちろん、切れ毛や枝毛のようなダメージヘアにはリンス・コンディショナー・トリートメントが欠かせませんよね。また最後の仕上げに整髪料を使えばバッチリです。

ヘアケア製品1・シャンプー

ヘアケア製品と言えば、まずはシャンプーですよね。普通のシャンプーは、頭皮と髪の毛をキレイにすることに主眼が置かれています。しかしヘアケア製品としてのシャンプーには、通常の効果にプラスアルファが加わっているものがあります。育毛効果や染色など髪質を改善するものです。

ヘアケア製品シャンプーの特徴1 【育毛効果】

ヘアケア製品シャンプーの種類によっては、育毛効果のあるものがあります。このような種類のシャンプーは、頭皮の血行を良くすることで抜け毛や薄毛を防ぎ、育毛効果を出すのです。

ヘアケア製品シャンプーの特徴2 【染毛】

ヘアケア製品シャンプーの種類によっては、白髪染めなどの染毛効果を期待できるものもあります。ナノ成分を含む白髪染めシャンプーや、天然ハーブで保湿効果を高めたヘアケア製品シャンプーが人気です。

ヘアケア製品シャンプーの特徴3 【髪質改善】

ヘアケア製品シャンプーの種類によっては、くせ毛などの髪質を改善するシャンプーもあります。くせ毛は先天的なものなので、完全には髪質を改善することはできません。しかしヘアケア製品シャンプーを使うと、色々な種類のくせ毛をストレートに近づけることが出来るのです。

ヘアケア製品2・リンスとコンディショナー

ヘアケア製品には、リンスとコンディショナーもあげられます。リンスとコンディショナーは、非常に厳密に言えば区別することが出来ないわけではありません。しかし現在ヘアケア商品として市場に出回っているリンスとコンディショナーは、名前が違うだけでその効果や用途に違いはありません。ヘアケア製品としてのリンスとコンディショナーの主な効果は、シャンプー後にあらわれます。その具体的な効果は、シャンプーの後の手触り感を良くしたり、クシ通りを良くすることです。またリンスやコンディショナーによって、シャンプー後に髪にツヤやハリを与えることもできます。シャンプー後の髪のコンディションキープをするのが、ヘアケア製品としてのリンスとコンディショナーです。

ヘアケア製品3・トリートメント

ヘアケア製品には、トリートメントもありますよね。トリートメントの効果は、シャンプー後の手触り感やツヤ・ハリといった点では、リンスやコンディショナーとさほど大きな違いはありません。しかし髪の受けたダメージを補修する効果があるのが、トリートメントの最大の特徴です。ヘアケア商品としてのトリートメントは、一般的にリンスやコンディショナーの後に使われますが、製品によって使い方に違いがあります。トリートメントを使用する際にはそれぞれの使用法をしっかり守り、ヘアケア効果が最大限に発揮されるようにしましょう。

ヘアケア製品4・整髪料

ヘアケア製品には、整髪料もあります。整髪料の役割はスタイリングとそのキープですが、それと同時に髪の保湿効果を高めることもあげられます。ヘアケア製品としての整髪料にはヘアオイルなどの油性のものや、ヘアクリームのような乳性整髪料、ヘアリキッドのような液体整髪料があります。モイスチャータイプやムースタイプなど、いろいろな整髪料があるので、好みに合わせて使い分けるとよいでしょう。

ヘアケア製品を有効活用しましょう!

髪質を整えバッチリとスタイリングを決めるには、ヘアケア製品を有効に活用しないわけにはいきませんよね。シャンプー・リンス・コンディショナー・トリートメントを用途に応じて正しく使い分け、最後に整髪料で仕上げをするのが一般的です。整髪料は現在多くの種類が市販されていますが、女性の場合にはヘアクリームのような乳化製品で、じゅうぶんヘアケアの役割を果たすと言われています。あまりむやみにヘアケア商品を使いすぎても、髪のダメージが増えるだけなので気をつけましょう。

【ヘアケア芸人】

ヘアケア製品とテレビのCMは、切っても切れない関係ですよね。各社とも美しい女性芸能人を起用して、商品の売り上げアップを狙っています。しかしお笑い芸人の中にも、ヘアケア製品のCMに出ても不思議ではないような、美しい髪質を誇る人もいます。その中でも人気お笑い芸人の蛍原徹さんは、美しい髪質の持ち主として有名です。彼の髪の毛はあまりに美しい髪質のために、髪質が美しいと思う有名人ランキングでも上位に入る程です。ヘアケア製品各社の皆さんは、是非彼をCMで起用してみてはいかがでしょうか。