ヘアカラー


自分好みのカラーリングをする方法に、ヘアカラーがあります。男性の場合のヘアカラーと違い、女性のヘアカラーには幾つかの方法がありますよね。それぞれのヘアカラーに応じて、その効果やアフターケアにも違いがあります。

ヘアカラーの種類

女性のヘアカラーには、4つの種類があります。それぞれのヘアカラーによって、メリット・デメリットに違いがあります。また髪が染まっている期間や、ヘアダメージによるその後のケアにも違いがあります。自分がどのようなカラーリング・スタイリングを目指しているかに合わせて、最も適切なヘアカラーを選ぶ事が大切です。

ヘアカラーの種類1 【永久染毛料】

ヘアカラーには、ヘアダイなどの永久染毛料があります。このヘアカラーは髪の内部にまで染料が浸透するため、色持ちが良いという特徴があります。またこのヘアカラーは髪に与えるダメージが大きいため、その後のヘアケアが大事となります。人によってはアレルギーを起こすこともあるので、染毛する前には、パッチテスト(アレルギー体質かどうかを見るテスト)をしなければなりません。

ヘアカラーの種類2 【半永久染毛料】

ヘアカラーには、ヘアマニキュアのような半永久染毛料もあります。このヘアカラーはアレルギーの有無に関わらず実践出来るメリットがありますが、染毛効果が薄くシャンプーをするたびに色がおちていく、というデメリットもあります。

ヘアカラーの種類3 【一時着色料】

ヘアカラーには、カラーマスカラのような一時着色料もあります。髪の表面を一時的に着色するヘアカラーです。髪へのダメージがなくシャンプーで簡単におとせるので、誰でも安全・手軽に髪のカラーリングが楽しめます。このヘアカラーには、スプレータイプなども多いのが特徴です。

ヘアカラーの種類4 【白髪染め】

先に紹介した3種類のヘアカラーとは少し毛並みが違いますが、白髪染めもヘアカラーの一種です。ある程度の年齢の女性なら、少なからずお世話になるのが白髪染めでしょう。現在市販されている白髪染めの多くは、従来の製品に比べてハーブやヘナなど天然の成分を採用することで、より髪にかかるダメージを減らすことができるよう工夫されています。

ヘアカラーの頻度

ヘアカラーの頻度は、個人の髪の毛の伸びるスピードや、ヘアカラーの方法によって差が出ます。基本的にヘアダイのようにヘアカラーが長持ちするタイプでも、髪の毛が新しく伸びてきた部分には、当然色が付いていませんよね。一般的に人間の髪の毛は1ヶ月に1センチ程度伸びるので、2〜3ヶ月程度経ったらヘアカラーをしなおす必要があります。またヘアマニキュアのようなヘアカラーだと、1ヶ月程度で色がほとんどおちてしまいます。そのため月に1度のペースで、ヘアカラーをしなおさなければならないことになります。最後にカラーマスカラのようなヘアカラーは、シャンプーのたびに色がおちるので、その都度カラーリングしなおさなければなりません。ですからカラーマスカラのようなヘアカラーは、ヘアカラーのつなぎ・ワンポイント的な使い方をするのが一般的です。

ヘアカラーの特性に注意しましょう!

ヘアカラーはそれぞれの方法によって、使われている薬剤の成分などが違うため、当然使用の際の注意点も変わってきます。ヘアダイをする際には、パッチテストが欠かせない以外にも、顔などを剃った直後にヘアカラーを入れてはいけないという注意点が有ります。これは万が一、顔剃りによって皮膚に傷が付いていた場合、ヘアカラーの成分によって皮膚が炎症を起こす可能性があるためです。またヘアマニキュア後にパーマをかけると、色がおちてしまうことがあるので気をつけましょう。最後にどんなヘアカラーをする前にも、必ず髪の毛はシャンプーなどで事前にキレイにしておきましょう。髪の毛がよごれていると、ヘアカラーの効果が落ちるだけでなく、頭皮の衛生状態にもわるい影響を及ぼします。またこのシャンプーの際には、頭皮を傷つけないように注意しましょう。リンスやトリートメントを使ってもいけません。

【ヘアカラー、人気の色の定番とは】

ヘアカラーに使われる色の人気・売れ筋は、季節や時代などの影響を大きく受けます。しかしいつの時代・季節にも、変わらず売れ続けるヘアカラーの色というものも存在します。皆さんは、ヘアカラーで常に一番人気をキープする色が何色かご存知ですか?それは何を隠そう黒色、つまり白髪染めなのです。このような白髪染めをのぞけば、ブロンドとブラウンがほぼ人気を分け合います。つまりブロンドのヘアカラーによってセレブっぽさを目指したり、ブラウンのヘアカラーによって落ち着いた雰囲気を目指す女性が多いのです。