ミノキシジル


ミノキシジルとはアメリカで開発された、育毛剤に含まれている成分のことです。ミノキシジルは元々、育毛や発毛以外の用途のために開発されましたが、開発中に育毛効果があることがわかり、現在に至っています。なお、育毛剤として有名なロゲインやリアップは、商品名が違うだけで成分はミノキシジルと同じです。

ミノキシジルの効果とは

ミノキシジルは、頭部のてっぺんの薄毛に対して効果がある医薬品です。アメリカ版厚生労働省であるFDAは現在までの所、ミノキシジルと飲む育毛剤として有名なプロペシアしか、育毛剤として認可していません。このことが、いかにミノキシジルに発毛効果があるのかを実証していると言えます。また、ミノキシジルは発毛効果がある育毛剤ですが、ヘアケアにはミノキシジルとは別に、ケトコナゾールという医薬品もあります。

ケトコナゾールとは

ケトコナゾールとは元々、頭皮の衛生対策のために開発されたシャンプーです。ケトコナゾールシャンプーにより、頭部の脂分を洗い流し、フケを予防するのです。しかし、ケトコナゾールにもミノキシジルと同様、男性型脱毛症に対し治療効果があることがわかり、近年その研究が盛んに行われています。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルの副作用として、最も起こりえるのが頭部のかゆみです。また、ミノキシジルを大量に摂取すると、血圧が下がる可能性があることもわかっています。またミノキシジルを使うと、頭部のかゆみ以外の副作用が起こることもまれにあります。よく知られている所では、目がかすんだり、頭が痛くなったり、必要以上に全身の毛が多くなることが報告されているのです。

ミノキシジルの入手方法

ミノキシジルは、日本では主に大正製薬がリアップという商品名で販売しています。ですからミノキシジルを、日本の薬局で購入することは一応できます。しかし先ほど紹介した通り、ミノキシジル自体は本来アメリカで開発・研究された薬です。ですからロゲインやリゲインのように、海外で主に販売されている育毛剤は、日本の薬局では簡単に手に入らないかもしれません。そんな時は、個人輸入でアメリカから直接リゲインやロゲインを取り寄せる方法もあります。また、そのような手順を踏むのが面倒なら、個人輸入代行業者の力を借りる方法もあります。ただし、いくらFDAがミノキシジルを認可していると言っても、日本人が個人的にミノキシジルを取り寄せて何らかの問題が発生した場合には、自分の責任になります。ミノキシジルを使おうと考えている人は念のため、皮膚科などに行き専門の医師のアドバイスや診断を受けましょう。

ミノキシジルを有効活用しよう!

男性型脱毛症に悩む人にとってミノキシジルは、是非試してみたい育毛剤に感じるはずです。しかしリゲインやロゲインのようなミノキシジルを入手するには、それなりの手間がかかります。日本では、ミノキシジルが含まれた育毛剤には大正製薬のリアップしかありません。リアップのミノキシジル成分は1%程度に抑えられているため、アメリカで販売されているミノキシジルに比べると、効果が薄いかもしれません。しかし逆に言えば、リアップはミノキシジルが微量に抑えられた、安全な育毛剤であるということも言えます。リアップは正真正銘の日本のミノキシジルなので、男性型脱毛症の人にとっては、試してみる価値が大いにあるでしょう。ヘアケア用品はとかく、効果の程度が良くわからないものが多いのが現実です。そんな中リアップのようにFDAが正式に認可したミノキシジルを試してみるのは、ヘアケアにとって大いに意味があることなのです。

【ミノキシジルと商品名】

ミノキシジルは育毛剤に含まれる成分の名前なので、ミノキシジルが含まれている育毛剤の数だけ商品名も存在します。リアップは日本で発売されているミノキシジルですし、ロゲインはアメリカで発売されているミノキシジルです。それ以外にも、リゲインやヘッドウェイという商品名で、ニュージーランドで発売されているミノキシジルもあります。どの商品にもミノキシジルが含まれていることに変わりはありませんが、その濃度に違いがあります。簡単に分類すると、日本で販売されているリアップ以外は、どの育毛剤にもミノキシジルが5%含まれているのです。いかに日本の厚生労働省が、ミノキシジルについて慎重になっているのかわかります。日本でも早急にミノキシジルの研究が進み、その安全性が確認されてほしいものです。