髪


現代は、髪の色や形など、髪をファッションのひとつとして、注目している人が増えています。しかしながら、生まれたままの黒髪であることも美しいものです。あなたの髪は、ツヤを失っていませんか?あなたの髪は、切れ毛や枝毛になっていませんか?抜け毛や薄毛になっていませんか?もっと健康的な髪にしてみませんか?

髪とは?ヘアケアとは?

女性イメージ

髪とは人の頭に生える毛のことであり、頭髪や毛髪のことです。髪は人それぞれに、硬さや軟らかさなどの髪質や髪色が違います。そのため、他人と同じようにヘアケアしても、健康な髪を維持していくことはできません。自分に合うヘアケアをすることが大切なのです。
これから先も、長く付き合っていかなければならない“髪”。将来的に問題が起こる前にしっかりヘアケアし、抜け毛や薄毛などの予防と対策に励みましょう。


毛髪のしくみを知る

男性の前髪

毛髪は手足の“つめ”と同じく、実は皮膚の一部なのです。身体を守るため、保護するために、その部分が特化してできたものが髪の毛なのです。また毛髪は、一生伸び続けるものではありません。髪にはその成長具合に一定の周期があるのです。

髪とヘアサイクル

髪は一生伸び続けるのではありません。定期的に成長した毛髪が自然に抜け落ち、生え変わっていくのです。これを「ヘアサイクル」と呼びます。このヘアサイクルは、性別や年齢などによっても変わってきます。ヘアサイクルの周期をまとめると、【成長期:5〜6年】→【退行期:2〜3週】→【休止期:2〜3ヶ月】→【脱毛】→【成長期】となります。

髪のヘアサイクルと人間の一生

この毛髪の成長周期は一生の間に、15〜20回繰り返すことになるのです。日本人の髪の本数の平均は、10万本と言われています。その中でも1日の抜け毛は、80〜100本。私たちが思っているよりも、抜け毛の数は多いです。ただこの抜け毛も、正常なヘアサイクルでの周期で抜けているのであれば問題はないのですが、成長しきれずに髪が抜けてしまうこともあるようです。そういうことをこの機会に覚えておきましょう。

髪のトラブルを避けるために、髪のトラブルを知る

髪のトラブルは、いろいろとあります。“脱毛症”は文字通り、髪が脱毛するという症状をもたらします。はげなどと呼ばれてしまうこともあるのですが、脱毛症についての知識をまず身に付けましょう。この他にもこのサイトは、頭皮・白髪・フケ・しらみなどのトラブルにも対応しています。髪のトラブルは、悩んでいても前に進みません。自分である程度の知識を蓄えて、なおかつ、どの方法がいいのか?ということを比較検討してみるとよいでしょう。そして今回は、パーマや縮毛矯正などによる髪へのダメージや、正しいスタイリング術なども紹介しますので、皆さんのヘアケアに役立てていただければ幸いです。


美しく、しなやかな髪を作るヘアケア

後ろ向きの髪の長い女性の画像

髪をヘアケアするうえで、まず1番大事なのは、シャンプー・リンス・コンディショナー・トリートメントがそれぞれ、確実な方法でされているかどうか?ということです。でも正しいシャンプーの仕方を知っている人は数も少なく、実際間違ったままの状態で覚えていることも多いようですね。

健康的な髪を守るヘアケア商品

いつまでも自分の髪の毛と一緒に暮らせるように、抜け毛・発毛・育毛シャンプーなどが多数販売されています。育毛剤・発毛剤・増毛剤など、髪を育てるためのヘアケア商品も販売されています。それぞれ注意事項を正しく守り、適正な利用をしてみてくださいね。


ふさふさの髪になりたい

髪を束ねる女性の画像

今までいろいろと育毛剤・発毛剤・増毛剤などのヘアケアグッズを試してきた方は、簡単に髪が育成できない、ということも理解されているでしょう。しかし、あえて別の方法を試してみて、フサフサの髪にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
見た目年齢が変わるだけでなく、若々しさも戻ってきます。自分にピッタリのカツラやウィッグは、見ただけでは、それが本物であるかどうか?ということさえもわからない程、精巧に出来ています。ぜひこの機会に、新しい自分を発見してみてはいかがでしょうか?


髪の悩みで、行き詰まったら

医師が看護している画像

髪の悩みで行き詰まってしまったら、専門の施設で診察をしてもらうことが必要かもしれませんね。ヘアチェックをしてもらえば、それが何らかの疾患から来ているのか、それとも全く別な原因でそうなっているのか、ということも理解できるようになります。ちなみに、髪が抜ける原因のひとつをあげると、ストレスがあげられるのです。

髪の悩みをもたらすストレス

ストレスが他のあらゆる生活習慣病の原因になることは、皆さんもご存知の事でしょう。髪の悩みについても、同じことが言えます。ストレスは抜け毛・薄毛・切れ毛・枝毛など、考えられるほとんど全ての髪の悩みの原因となります。ですから、ストレスはためないようにしっかり発散し、髪の悩みをなくしましょう。そして髪の悩みのない、楽しい生活を送りましょう。


髪の悩みが少しでも解決されますよう…。

微笑んでいる女性の画像

髪の悩みは、男性・女性を選びません。健康的な髪を維持し続けていくためにも、髪の悩みを1人で抱えず、いろいろなことを試し、相談してみてください。このサイトを通して皆さんが、髪の悩みの新たな解決方法を見つけることが出来るよう、心からお祈りします。


はげの特効薬

短髪の男性の頭頂部の画像

髪がなくなってしまったら、現代の医学では元通りのフサフサの状態に戻すことはできません。「髪の毛を再生させる程度のことがなぜ出来ないのか」と、誰でも1度は思ったことがありませんか?
治療が難しそうな疾患の特効薬が次々に開発される現代にあって、なぜこれほど髪の再生技術の研究は遅れているのでしょう。
しかし考えてみれば、かぜの特効薬もまだ開発されていません。かぜにしてもはげにしても、私たちの身近な所にある問題が、意外と難しいメカニズムで出来ているのかもしれませんね。